はめる指によって違う指輪のジンクス

指輪は、はめる指によってその意味合いが変わってきます。

有名なのは左手の薬指の指輪でしょう。

ここには結婚指輪や婚約指輪をはめます。

この指にはめることで、指輪は『愛を深める・絆を強める』という意味を持ちます。

それぞれの指にはめることで、同じ指輪でも様々なジンクスを帯びたものになるのです。

・右手の小指は『魅力を発揮・変わらぬ思いの象徴』

スポンサーリンク

・右手の薬指は『心の安定・想像力アップ』

・右手の中指は『行動力を発揮・直感や霊感を高める』

・右手の人差し指は『集中力を高める・意思を固める』

・右手の親指は『信念を貫く・指導力を司る』

・左手の小指は『愛情が深まる・願いを成就させる』

・左手の薬指は『愛を深める・絆を強める』

・左手の中指は『協調性を高める・インスピレーションを磨く』

・左手の人差し指は『積極性を引き出す・願望を行動に移す』

・左手の親指は『信念をもって前進する・目的を実現させる』

と、このように各指にはそれぞれのジンクスがあるのです。

何気なくつけている指輪でも、集中力を高めたいときは右手の人差し指に、良い人間関係を築きたいと思うときは左手の中指に、という風に使い分ければその力を借りてうまくいくことでしょう。

また、幸せは左手の小指から体に入って、右手の小指から抜けていくと言います。

ですので、右手の小指に指輪をすると幸せが体に留まる、というジンクスもあります。

なりたい自分になるために、指輪のジンクスを使いましょう。

関連記事(一部広告含む):