出雲大社の縁を結ぶジンクス

島根県出雲市に出雲大社という神社があります。

ここには因幡の白兎でも有名な大国主命が祀られています。

出雲大社が建造された際、大国主命が『これからはここで人の縁を結ぶ神事を治めよう』と言ったことから、出雲大社は縁結びにご利益があるとされています。

縁結びと言うと男女の縁を指すことが多いのですが、出雲大社の縁はそれだけに限りません。

男女関わらず、人と人とを繋ぐ縁や、物、仕事に対する縁まで、出雲大社では良縁を結んでくれるのです。

スポンサーリンク

どんなことでも縁があって繋がっているのです。

十月のことを『神無月』と呼びます。

この一ヶ月、神はいません。

ではどこに行っているのでしょうか?

実は神々は出雲大社に行っているのです。

そこで縁結びの相談などをしているのだそうです。

そのため、出雲大社では十月のことを『神在月』と呼ぶのです。

各地から神々が出雲大社に集まっているのですから、それだけ力も集まります。

その力にあやかるように、神在月に参拝すると、普段以上にご利益があるとも言われています。

また、お守りとして紅白の糸があります。

縁の糸と言うと赤い糸を思い浮かべますが、紅白の糸です。

その糸を自分が身に付けるものなどに縫い付けると、良縁に恵まれるのだそうです。

他にも、出雲大社には大きなしめ縄があり、それを写真に撮って携帯電話の待ち受けにすると良いご縁がある、などのジンクスもあります。

縁は目に見えないもの。

ならば目に見えないジンクスで、縁を手繰り寄せましょう。

関連記事(一部広告含む):