出雲大社に出かける恋のおまじない

 にほんブログ村 小遣いブログ 宝くじへ

10月、日本の暦は神無月といいます。

これは日本中の神様が10月になると総本山の出雲大社に集まるからで、出雲大社のある島根県とその地方では逆に神在月と呼ぶそうです。

なぜ10月になると日本中の神様が出雲大社に集まるのか?

じつは各神社で願い事をされた神様たちが出雲大社に祀られている大国主大神にお伺いを立てて願い事の審議をするため、だそうです。

この大国主大神、本来は農業や商業、医療を司る、とまさに妖術の権化みたいな神様ですが、なぜか縁結びもこれにつけ加えられています。

大国主大神、じつはさまざまな女神たちと多くの子供を設けており、一夫一婦制の今、かなりの浮気者なのですが、そこは故事の神様の行いということで縁結びの神様という謂れになったのでしょう。

スポンサーリンク

したがって神無月、全国で祀られている大国主大神の分身や他の縁結びの神様たちは、主に縁結びの相談事が多い、とも言われています。

恋のおまじない、これを利用しない手はありません。

10月まで待てない!という人はぜひ出雲大社まで出かけ、願掛けを行えば直接、大国主大神に届くということになります。

ラブレターを郵送にすると相手に届いているのかとドキドキ心配しちゃいますが、直接、相手に渡すようなものですね。

…今時、ラブレターなんて書く人はいるのか、ということはともかく。

関連記事(一部広告含む):