本や音楽でもアファメーションを

本や音楽でもアファメーション的なものは数多くあります。

数多の本や音楽がありますが、その中に込められているメッセージも様々です。

失恋の物語や歌は悲しい気持ちにもなります。

反対に前向きな物語や明るい歌は、気持ちも明るくなります。

暗いものや考えさせられるものもいいのですが、そういうものばかりを摂取するのも良くありません。

できれば明るい歌や物語も摂りましょう。

スポンサーリンク

読み終わった後に『頑張ろう』と思える作品、聴き終わった後に『きっと大丈夫』と希望の持てる歌、そういうものはこちらの気持ちも前向きにしてくれます。

歌は数分で元気づけてくれるので、本よりも即効性は高いです。

出先でも、何度だって聴けます。

自分にとってのアファメーションの歌を探して何度も聴けば、音楽とともにその言葉がしみ込んでくることでしょう。

メロディーに乗っている分、聴きやすく入ってきやすいのです。

他に詩もいいでしょう。

前向きになれる詩もたくさんあります。

短くて受け取りやすいので、覚えられるぐらいに読み込めば、いつの間にか潜在意識に入り込んでいることでしょう。

本や音楽で、アファメーションに適しているのです。

関連記事(一部広告含む):