アファメーションは否定を否定しない

ネガティブな気持ちや考え方、それは自然と沸いてきてしまいます。

アファメーションはポジティブなもの。

だからネガティブな気持ちはなかったものとして、見て見ぬふりをしよう。

そんな風に考えてしまうかもしれません。

しかし、それは間違いです。

アファメーションとは、肯定することです。

その否定の気持ちでさえも肯定するのです。

スポンサーリンク

『ネガティブな考えをしてしまった。ダメだなあ』

というのでは、否定の言葉が入っています。

アファメーション的には良くありません。

何でも否定すると、ネガティブになっていくものです。

それよりも、ネガティブな考えをしたことをポジティブに考えましょう。

ネガティブに考えることが少なくなってきていたり、ポジティブに考えられるようになっていたら、それは成長です。

ポジティブに考えられるようになったと言っても良いでしょう。

『ポジティブに考えられるようになっている』

と断言してしまいましょう。

また、ネガティブな思考をポジティブに変換してもいいでしょう。

『明日の試合、負けるかもしれない』→『負けるかもしれないということは、勝てるかもしれない』→『よし、勝つぞ!!』

と変換すれば、ポジティブなアファメーションになるのです。

否定するのではなく、ネガティブな考えも認めた上で、ポジティブに持っていきましょう。

関連記事(一部広告含む):