アファメーションでネガティブ要素を払拭

アファメーションでポジティブな言葉を何度も使っても、心に入っていかないこともあります。

『そうは言うけど、なかなか……』

ネガティブな気持ちに支配されていると、ポジティブな言葉の入る隙間がないのです。

アファメーションの言葉がいくら良いものであっても、隙間がなければ潜在意識に届きません。

気持ちが落ちて心を閉じていれば、心にまで届かないのです。

そういうときは自らと対話して、ネガティブの要素を取り除いたり、心を開いてポジティブなアファメーションを届けてあげましょう。

スポンサーリンク

ただ、ネガティブな考えを否定してはいけません。

アファメーションの基本は肯定です。

ネガティブな気持ちだって考え方だって、肯定しましょう。

そもそも考えや感じたことに正解・不正解などないのですから。

『その考えもわからなくもない。辛いときは否定的になってしまうこともあるだろう。でも、ここにアファメーションの言葉がある。この言葉を信じてみる方が将来的には良いとは思わないかい?どうだろう?』

そんな風に否定はせずに、アファメーションを勧めてみましょう。

そうすればアファメーションの入る隙間ができるかもしれません。

ネガティブな要素を払拭すれば、アファメーションは潜在意識まで届くはずです。

関連記事(一部広告含む):