プラス思考で健康に!

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

マイナス思考をしていると、ノルアドレナリンという物質が脳内から分泌されます。

このノルアドレナリンという物質は、自然界の中では蛇の毒に次いで強い毒だと言われているのです。

ノルアドレナリンが過剰に分泌されてしまうと、判断力や思考力を鈍らせます。

また、血流も悪くなり、血管が詰まってしまうこともあります。

鬱病などの精神的な病気にも、このノルアドレナリンが関係していると言われています。

プラス思考をしていると、βエンドルフィンという物質が出ます。

スポンサーリンク

このβエンドルフィンは、痛みなどを和らげる効果があり、体も病気になりにくく、長生きするとも言われます。

このように、科学的にもマイナス思考の人よりもプラス思考の人の方が、健康でいられるとされているのです。

また、病気になったとき、マイナス思考の人は悪い方へと考えてしまいます。

『本当はもっと悪い病気なんじゃないか?』

『この病気は治らないんじゃないか?』

そのようなマイナス思考は、病気の治りを遅くしてしまいます。

反対にプラス思考の人は、病気になっても前向きに取り組むことで、早く治ったり、治りにくい病気も治してしまったりするのです。

プラス思考は心だけではなく、体も健康にしてくれるのです。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク