プラス思考とマイナス思考

目の前のコップに、水が半分入っています。

そのときあなたは『水がもう半分しか入っていない』と思いますか?

それとも『まだ半分もある』と思いますか?

もちろん、そのときに喉が渇いているかどうかにもよります。

なので、喉が渇き水を欲しているときに、美味しい水が目の前のコップに注がれている状況としましょう。

『しか』と思うか、『まだ』と思うか、どちらでしょうか?

それによって気持ちが変わってきます。

スポンサーリンク

『しか』と思えば焦ってしまいますし、『まだ』と思えば余裕も出てきます。

これがマイナス思考とプラス思考なのです。

同じだけの水があっても、考え方次第で捉え方が変わってきます。

『しか』と思うことは別に悪いことではありません。

あまり余裕ぶっていると、誰かに取られることだってあるでしょうし。

けれど、『しか』っていうのは悲しいですよね。

それに比べて『まだ』と思えれば幸せな感じがします。

同じだけの水を見て不幸と思うか、幸せと思えるか。

それなら幸せに思えた方が良いですよね。

プラス思考は人を幸せにするのです。

関連記事(一部広告含む):