猫の病気・・がん

最近多くなっているのが、猫の病気の中でもガンです。

死亡率も高く、気が付いた時には末期、と言う状態ですから、非常に困ったものです。

胃腫瘍の場合は、嘔吐、吐血などの症状がありますが、特に胃、だけの症状ではないようです。

胃の腫瘍にも悪性、良性があり、触診ではよくわからない、と言うことですから、精密検査になります。

良性で早い時期であれば、手術の必要はありません。

スポンサーリンク

化学療法などを用いる場合もあります。

猫に多いのが、リンパ腫です。

箱白血病ウイルスや猫エイズなどに感染した場合、このリンパ腫が発症することが多くなるといわれています。

わきの下や足の付け根部分のリンパ節と言う部分が腫れるので、飼い主が気が付くということが多いようです。

この場合、抗がん剤や放射線治療になります。

年齢が高くなってくると多くなってくるのが、消化管型リンパ腫です。

下痢、嘔吐、食欲減退、と言う症状で、やせ細っていき、元気も極端になくなります。

ぐったりしますので、飼い主が異変に気が付きます。

他にも、乳がんや子宮がんなども多くなっているようです。

初期の段階で見つけることが難しいガンですが、なるべく早く見つけてあげたいものですね。

関連記事(一部広告含む):