猫の病気・・呼吸器系統の病気

猫は風邪を引くと本当に苦しそうですよね。

口で息をしないので、息が吸えなくて苦しい思いをするのです。

猫はよくケンカをして、鼻血を出すこともあります。

また鼻炎も起こしやすく、一度鼻炎になると、なかなか完治しないのです。

ケンカなどで、鼻血が出たという場合、また鼻炎で鼻水が止まらない、と言う場合、抗生物質を投与します。

ケンカなどをした場合、鼻を骨折していることもありますから、注意が必要です。

スポンサーリンク

くしゃみ、鼻水などは、ただ風邪と言うこともありますが、猫伝染性鼻器官炎と言う病気の場合や、猫カリシウイルス感染症なども考えられますので、獣医師に見せたほうが安心です。

この病気になると、呼吸がうまくできないので、ゆっくり呼吸しようとします。

鼻水を手でぬぐいとろうとしますが、その時に手をなめるので、体内にウイルスが入って、重症化することもあります。

たかが鼻水と思いがちですが、猫にとっては鼻水が致命傷になることもあり、人間が思っているよりもずっと重い症状になりますから、できれば獣医師に見せて、しかるべきお薬を処方して貰いましょう。

他の病気になってしまうこともありますよ。

関連記事(一部広告含む):