猫の病気・・皮膚の病気

猫がよく体を掻く、なめるという場合、ノミアレルギーかもしれません。

その場合、背中から足の付け根、などの毛、感染した部分の毛が薄くなります。

また、その皮膚をよく見ると、ぶつぶつとできもののようなものがあったり、かさかさになっていることもあります。

ノミを駆除するお薬を獣医師に処方して貰いましょう。

かゆがる、なめる、掻く、と言う場合には、カイセン症と言う病気の場合があります。

スポンサーリンク

非常に激しいかゆみがあるので、とにかくよく掻きます。

顔、耳、足の付け根から始まって、全身に広がっていきます。

自然発生することはありませんが、猫を複数飼っている人は、他の猫に感染しないように、隔離する必要がありますね。

肉芽腫は、まれに起こる病気です。

よくかゆがり、体をなめます。

強い痛みがあるのが特徴で、非常に激しくかゆがりかきむしります。

詳しい原因がわからないこの病気ですが、ステロイド剤を使うと効果的なようです。

ただ、完治の方法がわかっている、決定的な薬があるわけではないので、早期に発見して、獣医師に見せることが必要です。

猫はよく体をなめますが、こういうアレルギーやカイセンなどになると、始終体をなめ、掻いていますからすぐにわかると思います。

関連記事(一部広告含む):