スポーツをする夢・観戦する夢

夢の中でスポーツをしたり観戦したりして、起きても興奮冷めやらないときがあります。

実際には体は動かしていないはずなのに、スポーツの後の爽快さや疲労感も感じるかもしれません。

爽快感を感じたら、人間関係や仕事などが順調であることを示し、行動力が高まってきていることを意味しています。

活躍できれば、積極的に行動する時期なのでしょう。

自信がついてきているようなので、成功に導けるはずです。

反対に無理をしないようにしていれば、不安を抱えているということです。

試合や大会に出場する夢は、今までの努力や実力を試したいという願望です。

スポンサーリンク

その試合で勝つ、あるいは優勢に進められるようなら、自分に自信を持っていることを示します。

反対に負けてしまったり、劣勢だと、自分の実力不足を認めていることを意味します。

もっと努力が必要かもしれません。

ただ、本当に試合が控えている場合、それは逆夢になります。

たとえ勝っても、夢の中だけで満足しないようにしましょう。

スポーツをするのではなく、観戦する夢。

これは欲求不満やストレスを解消したいという願望の表れです。

ちょっと根を詰めていたり、張り切り過ぎているのかもしれません。

また、やるべきことをやらずに、趣味などに没頭していることも表します。

それも一つの現実逃避です。

頑張りすぎているのならば少し息抜きをして、やるべきことがあるのならばちゃんと向き合ってください。

スポーツを観ていないで、自分を見直すときなのでしょう。

関連記事(一部広告含む):