夢の中に果物が出てくれば現実でも実がなる予感

果物は、草木が成長してできた結果です。

葉が出て、花が咲いて、実になります。

それは決して簡単なことではありません。

多くの果物はこの実の状態で、草木が出した成果なのです。

夢の中に果物が出てくれば、それは順調に実った結果を表しています。

木になっている果物は、今の体調面や精神面の好調さを意味しています。

それをもぎとって新鮮な果物を口にすれば、今までやってきた努力が実って良い結果が出ることの暗示です。

仕事運や金運でもチャンスの予兆ですが、恋愛運は特に大きなチャンスです。

スポンサーリンク

大幅な進展があるでしょう。

果物の中でも甘いものは、主に恋愛を意味しています。

また、新鮮でちょうど熟した果物を食べられればいいのですが、そうではないこともあります。

まだ熟していない果物は、機会が時期尚早ということです。

チャンスが到来するのは、まだ先のようです。

逆に熟れすぎて食べられないならば、チャンスを逃してしまったようです。

切り替えて、次に期待しましょう。

食べられなかった果物は、体が欲している場合があります。

夢から覚めた後、口にしてみると体も満足するでしょう。

果物と同様に、現実でも大きな実をつけたいですよね。

関連記事(一部広告含む):