和太鼓はジャパニーズドラム!和太鼓入門

バンドの中で、ドラムはベースとともにリズム隊と呼ばれます。

ギターのような派手さはありませんが、曲の中の要とされているのです。

ドラムは正確にリズムを刻むことを求められます。

早くなったり遅くなったりとずれてしまうと、全体もずれていってしまいます。

ドラムは低音で曲を引っ張っていっているのです。

和太鼓も同じような役割を担っています。

スポンサーリンク

盆踊りなどでは、曲は生演奏の場合はほとんどないので、曲がずれることはありません。

しかし、太鼓がずれることで踊っている人の動きがずれてしまうのです。

しっかりとしたリズムを刻まなくては、踊っている人も気持ちよく踊れません。

やぐらの上で太鼓を叩いていると、眼下に踊っている人たちが見えるでしょう。

その人たちが気持ちよく踊れるように心掛けて叩くのです。

笑顔で気持ちよく踊れる太鼓というのが、上手な太鼓なのです。

そして踊り手さんたちが気持ちよく踊れていれば、叩いていても気持ちよいでしょう。

叩き手と踊り手が気持ちよければ、その盆踊りは最高のものになるはずです。

太鼓はその要なのです。

関連記事(一部広告含む):