盆踊りと太鼓の基本『どどんがどん』!和太鼓入門

盆踊りの太鼓には、一つの基本的な叩き方があります。

それが『どどんがどん』です。

右手で二つ『どどん』左手で一つ『が』右手で一つ『どん』。

つまり、四回叩きます。

これが盆踊りの基本なのです。

盆踊りはほとんどが四拍子でできていて、この『どどんがどん』だけをやっていれば、ずっと叩き続けられます。

スポンサーリンク

まずはこの基本を身につけましょう。

難しくはないのですが、リズム感が大事になってきます。

盆踊りによってリズムのスピードが変わります。

そのスピードに『どどんがどん』を合わせなくてはいけません。

この基本がちゃんとできれば、あとは応用になります。

逆にこの基本ができなくては、何も始まりません。

『どどんがどん』これを最初はずっとやってみましょう。

変な色気を出さずに『どどんがどん』。

ずっと最初から最後まで『どどんがどん』。

それを繰り返すと、太鼓のリズムが体に染みてきます。

リズムが狂わないように、崩さないように叩くことを心掛けて練習しましょう。

太鼓は盆踊りの要です。

踊る人も気持ちよく踊れるように、リズムを音頭に合わせましょう。

いつでも『どどんがどん』と叩けるように。

関連記事(一部広告含む):