和太鼓は技?音量?和太鼓入門

いろいろとテクニックを学んでいくと、それが楽しくなってきてしまいます。

細かいテクニックを入れてみたり、トリッキーなことをしてみたり。

それはそれで悪くはありません。

楽しむことは大事ですから。

しかし、一番大事なのは、太鼓を聞いている人たちが気持ちよく踊ることです。

わざと外してみたりする奇抜な技は、踊りのリズムも狂わしてしまいます。

スポンサーリンク

また、技に走ってしまうと音が小さくなってしまい、あまり聞こえないこともあります。

それも踊り手にとっては困ることです。

太鼓は正確にリズムを刻むことが重要視されます。

大きな音で正確なリズムを刻むこと。

技を磨く前に、それを心掛けましょう。

力いっぱい叩く。

技よりもそれが大切なのです。

聞いて踊っている人のことを考えて叩くのです。

たくさんの技よりも、大きな音で叩く太鼓の方が、聞いていて何倍も気持ちの良いものでしょう。

気持ちを入れて、力いっぱい叩けば、それは聞き手や踊り手にも伝わるはずです。

熱い太鼓は、祭を熱くする大切な要素なのです。

力強い太鼓が叩けるようになったら、技を磨きましょう。

力強さは失わないままで。

関連記事(一部広告含む):