自分の仕事に誇りを持てば誰でもプロフェッショナル

占い師の項でも紹介しましたが、今や資格ビジネスが真っ盛りです。

興味のありそうな業種を見つけてはさまざまな民間団体を立ち上げ、協会を作って認定制度を設けるという構造ですね。

ここでは敢えてそういったプロの職業は(占い師を除いて)取り上げませんでした。

なにしろ多すぎます。

食品関係から手芸関係、ファッションにアート、美容系にスピリチュアル系、枚挙に暇がありません。

スポンサーリンク

しかし、これらの資格を取ったところでプロとして1本立ちするためには、結局のところ自分の実力次第で、協会が業務を助けてくれるわけではありません。

プロフェッショナルの資格。

それは自分で市場を開拓し、自分を売り込み、自分の仕事に責任を持って対処することに他なりません。

いい加減な仕事をすれば即低評価が下され、自分の首を締めることになるだけです。

その意味ではフリーランスで仕事をしようがサラリーを貰って仕事をしようが、自分の仕事に責任と誇りを持って取り組んでいればプロフェッショナルであることには変わりないといえるでしょう。

仕事が人生のすべてではありませんが、誇りに思える仕事を持った人は間違いなく人生が楽しくなります。

有意義な人生を送るためにも、今の仕事のプロフェッショナルになってくださいね。

こんな記事も読まれています: