美容院からの差異化を図るメイクアップアーティスト

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

女性が(もちろん男性でもいいんですけれど)美しくなりたい、と願う限り、美容師と化粧品販売員の職がなくなることはありません(あ、それからダイエット商法も消えることがありませんね)。

美容師は国家試験なので難易度は高いのですが(その割に美容師が増えすぎて労働条件や賃金問題がつきまとい、現在は効率の良い職業ではなくなりつつありますが)、メイクアップに関しては民間団体による検定制度なのでハードルはやや下がります。

メイクアップという仕事があまり認知されていない現在、メイクアップを美容師が兼ねることも多く、時にはメイクアップなのかメイクダウンなのか分からない化粧が施されるケースもあります(周囲としては笑っちゃいけない状況なので傍迷惑ですね)。

スポンサーリンク

業態は需要に対し、つねに細分化されることを考えれば今後、メイクアップアーティストはけっして特殊な業態ではなくなり、美容院の一部門となったり、あるいは美容院と併設されたり、また結婚式やその他の催し物でも独立したビジネスとして認識されることが予想できます。

その際、メイクアップアーティストとしてのスキルをアピールできるのが資格。

美容師だけではシンドい、と思う人はこの資格を取ることによって仕事の幅が広がること間違いなし、です。

関連記事(一部広告含む):