一歩先を見て欲望を抑える

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

人には誰しも欲があります。

食欲などの基本的な欲求はもちろん、様々な欲を持っています。

そのことは悪いことではありません。

欲望は、何かが発展するためには必要なものです。

遠くへ楽に移動したいという欲があったから、鉄道や飛行機などの交通が発展しました。

パソコンなどの文明も、楽に作業をしたい、という欲求がなくては今のように発達しなかったでしょう。

前に進むためには欠かせない欲。

スポンサーリンク

しかし、欲は時として前に進むために邪魔なものにもなります。

例えば、試験の前日に観たいテレビをやっていたとしましょう。

もちろん勉強しなくてはいけないのですが、『少しだけ』と一時の欲望に負けて観てしまえば、当然ですが試験の結果は悪くなります。

目の前の欲望に流されてしまった悪い例です。

それに流されそうになったときは、一歩先を見ましょう。

試験で良い結果を出したいというのも、一つの欲望です。

その欲望を満たすためには、テレビなんて観ている暇はありませんよね?

先にある欲求を満たそうと思えば、目の前の欲は抑えられるはずです。

空腹時に一本のバナナを目の前に置きます。

それを我慢できれば、後で二本のバナナをあげられるようにする、という実験を動物に行いました。

結果は、動物は目の前のバナナを我慢できずに食べてしまいました。

しかし、私たち人間は、我慢ができます。

一歩先の二本のバナナのために、目の前のバナナは我慢しましょう。

先を見て、欲望を抑制するのです。

関連記事(一部広告含む):