しなければならないことなんてない

人にはやるべきことがたくさんあります。

社会に出れば、働かなくてはなりません。

働いて、その給料が食費や家賃になります。

家族がいれば扶養する義務もあり、そのためにも仕事をします。

会社員なら、ちゃんと朝早くに家を出て、嫌でも満員電車に揺られて遠くまで行かなくてはなりません。

スポンサーリンク

そして気の合わない上司の顔色をうかがったり、何を考えているのかわからない部下に戸惑ったり。

主婦だって子供のために朝早く起きてお弁当を作ったり、毎日バランスの良い食事を考えたり、家事をこなしたり。

そのように、大人になるとやるべきことが多くあります。

毎日のことを考えると、気が重くなるでしょう。

『○○をしなければならない』

その気持ちがプレッシャーになります。

そして、そのプレッシャーに押しつぶされて、それがストレスになり心を病んでしまうのです。

しかし、本当にそれはしなければならないことでしょうか?

仕事をして給料を得ることは、生活するため、生きていくためです。

生きることは嫌なことですか?

養っていく家族は、大切なものではないですか?

毎日の家事だって、大切な家族が気持ちよく生活するためのものです。

自分自身も気持ち良く生活できるでしょう。

つまり、どれもしなければならないことではなく、その先には大切なものがあり、自らが選んでしていることなのです。

しなければならないことなんてないのです。

自分で選んでしていることなのですから、プレッシャーに感じることだってありません。

どうせなら進んで前向きに行いましょう。

それはしなければいけないことではなくて、実は全て好きでやっていることなのです。

関連記事(一部広告含む):