呪い?御呪い?おまじないの話

 にほんブログ村 小遣いブログ 宝くじへ

おまじないと呪いは似て非なるものです。

おまじないは漢字で書くと『御呪い』と書きます。

つまり、『のろい』と『まじない』は漢字で書くと同じ『呪い』なのです。

どちらも見えない力が我々に影響を及ぼします。

しかし、その二つは影響を与える方向が違います。

呪いは、憎悪を抱く相手に災いが降りかかるようにします。

スポンサーリンク

『呪いのわら人形』などが有名でしょう。

憎い相手をわら人形に見立てて、釘を打つ。

その憎しみの念が、相手に襲い掛かっていきます。

反対に御呪いは、悪いことを除けたり、良いことが起きるように行うものです。

まじないは、元々は呪術や祈祷、お祓いなど広い意味で使用されていました。

御呪いも元来はそのような意味を持つのですが、『御』をつけることで、呪いとは区別され、良いものに思われているようです。

海外ではそのようには区別されていなく、良い御呪いも悪い御呪いもあるようです。

人に呪いをかける黒魔術は、日本で言えば呪いの一つでしょう。

人は誰でも合わない人もいれば、嫌いな人もいるでしょう。

嫌なことをされれば憎くもなり、呪いたくなるかもしれません。

しかし、呪いは自分にも跳ね返ってきます。

悪い念は悪いことを呼び、その連鎖で自分のところに帰ってきてしまうのです。

『人を呪わば穴二つ』ということわざがあります。

これは人に害を与えようとすれば、自分も害を受ける、という意味です。

呪うことは悪い連鎖しか生みません。

それならば、御呪いで良い方向に持っていった方が良くないでしょうか。

憎しみに囚われずに、前を向いて進むのです。

御呪いは、そんな気持ちに力を貸してくれるはずです。

関連記事(一部広告含む):