商売繁盛を願う!おまじないの話

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

お店では熊手や招き猫をよく見かけます。

商売繁盛を願うには欠かせないものです。

招き猫には右手を挙げている猫と、左手を挙げている猫がいます。

どちらを飾るかによって意味は違ってきます。

右手を挙げている猫はお金を招き、左手を挙げている猫はお客を招くのです。

商売繁盛を願うのであれば、左手を挙げている招き猫を店先に置きましょう。

スポンサーリンク

盛り塩も商売繁盛を願うものです。

昔ながらのお店などで、入口の両脇に置かれた盛り塩を見たこともあるでしょう。

塩には浄化作用があり、それによって店や働く人の心を綺麗にします。

店や働く人が綺麗なら、お客さんも気持ちが良いはずです。

それが商売繁盛に繋がるのです。

商売は人が相手です。

お客さんが気持ち良く笑顔で帰ってくれれば、また来てくれます。

そして他にもお客さんを連れてきてくれることや、口コミで評判になることだってあります。

商売繁盛を願うには、お客さんの笑顔を想像することです。

店を開けるとき、仕事を始めるとき、まずその笑顔を想像します。

そうすれば何をしたらいいのかがわかってくるでしょう。

お客さんの笑顔を想像することが、商売繁盛に繋がるおまじないの一つなのです。

関連記事(一部広告含む):