健康になれる!おまじないの話

 にほんブログ村 小遣いブログ 宝くじへ

体調を壊してしまったとき、心身ともに滅入ってしまいます。

『起きたら良くなっていないかな~』と思いながら寝て、起きたとき特に良くなっていなかったときの虚無感。

『ほんとに治るのかな』『このまま治らないんじゃないか』と、気持ちが落ちてしまいます。

『手当て』という言葉があります。

今では治療の意味ですが、元々は本当に手を患部に当てるということからきています。

スポンサーリンク

痛いときに、そこに手を当てたりさすったりするでしょう?

それは無意識のうちに手当ての力を借りているのです。

人の手は力を放出することができます。

体内にある気を、手のひらから出すのです。

弱っている部位に手を当てることで、気を補填しています。

そうすれば痛みは引き、治ってきます。

科学的に証明されているものではありませんが、実際にやってみると効果が感じられるでしょう。

また、どこかが痛い、体調が悪いというとき、体の中に菌が入って悪さをしていたり、異常がみられたりします。

それならばその菌に『出ていけ!!』と命令をするのです。

まず、体の患部に集中します。

そしてそこに菌などがいて悪さをしているのを想像します。

あなたの体の中で勝手に暴れている菌、それに一喝するのです。

大きさではあなたの方が明らかに勝っています。

あなたの体の中にいるのですから。

一喝すれば菌は逃げていくでしょう。

病は気から。

気合のおまじないで、健康になりましょう。

関連記事(一部広告含む):