月の神秘と「おまじない」

月というのは、昔から人間があこがれ、信仰の対象となることもあります。

私も、太陽より月の方が神秘的で好きです。

泡い光を夜の闇に一生懸命照らす月。

満月のきれいな夜には、寒さも忘れてベランダから月を眺めます。

日本でも、かぐや姫が月からやってきたとか、お月さまに願いをかけよう、という月に関するいろいろなことが言われていますが、海外には、月に関してのおまじないが結構あるのです。

ヨーロッパでは、月といっても三日月のおまじないがあります。

スポンサーリンク

三日月、というのは、月の女神ダイアナの化身といわれ、昔から信仰されてきました。

三日月のペンダントやブレスレットは、恋をしている人の必須アイテムといわれています。

三日月型のペンダントやブレスレットの三日月の裏に、彼のイニシアルをこっそり入れて、毎日つけておきます。

毎日そのペンダントに、「大好きです」という気持ちを伝えます。

彼がそばに来たら、月の女神ダイアナの力を借りて、「にっこり」笑顔を彼に向けてみましょう。

思いが通じたら、同じペンダントなどを彼にもあげるんですって。

そうすると、二人の思いがすごく強くなるってことです。

両想いになっても、三日月の力を借りる、ということですね。

関連記事(一部広告含む):