明確なルールと暗黙のマナー

「孤独は成長している証拠」という諺があります。

とかく、群れたがるのは人間の本能とはいえ、群れることで連帯感を強め、個人の弱さを隠すということは否めません。

しかし群れるといろいろと厄介なのも事実。

群れには「明確」なルールと「暗黙」のマナーがあります。

この2つを守れないと、いずれ群れから排除されるか、または陰湿なイジメに遭いやすくなります。

スポンサーリンク

昨日まで群れの比較的中心にいた人物でも、このルールとマナーを守らなかったばっかりに、一夜にしてその地位を失う、なんてことにもなりかねないので群れにいる間は外に対して強気でいられても、群れの中に関しては細心の注意が必要となります。

で、この群れのルールとマナーに嫌気が差し始めても、孤独になることが苦手なので別の群れを探すという方法もありますが、またそれはそれで、何事も一から始めなければならない面倒臭さがあるので、どうしても群れに我慢して留まろうと努力するわけですね。

そういった努力を払ってまで群れに留まろうとすることも時には大切な場合がありますが、あんまり無理をすると身体に悪いので、そんな時はいっそのこと、孤独の道を選ぶという方法もあります。

最初は寂しさを感じることもありますが、慣れるとルールとマナーに縛られない分、とても気楽になれるものですよ。

関連記事(一部広告含む):