ビギナーズラックと運

初心者が上手くいってしまうことを『ビギナーズラック』と言います。

様々な場面で使われる言葉ですが、スポーツでも、仕事でだってあります。

なぜか初心者にだけにある運のことです。

何事もある程度やっていると、知識が増えてきます。

慣れや知識で、何でも上達していきます。

しかし、その知識が時として足かせになります。

知っているがゆえに、やらないこと、できないことがあります。

スポンサーリンク

常識を知ってしまうと、そこからはみ出るのを怖がります。

釣り名人のすぐ傍で釣り糸を垂らしたり、スリーボールから明らかなボール球を投げてみたり、ライバル社が圧倒的に強い地域に営業をかけたり。

常識を知ってしまうと、そういうことはやりません。

しかし、知らない強みでそういうことをやってみて、意外と上手くいくことがあるのです。

それがビギナーズラックなのです。

知識ではなく直感。

『上手くいく気がする』という気持ちだけでやってみると、案外上手くいくものです。

それを知識が邪魔しているだけで。

もちろん、直感だけでずっと上手くいくものでもないでしょう。

知識だって邪魔するだけではなく、多くの場合役に立ちます。

しかしなかなか上手くいかないとき、初心者の頃を思い出してみましょう。

その気持ちに従ってやってみると、突破口が見いだせるかもしれません。

関連記事(一部広告含む):