イギリスの州警察は満月の夜に警戒を促した

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

話を戻して。

前項で紹介した元兵庫県警黒木氏の調査結果だけを見れば、満月の夜はドライバーになんらかの興奮作用を与えていると言うこともできます。

ただし、それが満月による潮汐力とどのような相互作用があるのか不明ですね。

では、犯罪についてはどうでしょう?

こちらも古い事実ですが、イギリス南部のサセックス州警察はブライトンやホープといった海沿いの都市で、満月の夜になると泥酔者が攻撃的になるという事実を確認、満月の夜は警備を強固にした方がいい、と発表しました。

スポンサーリンク

もちろん公的機関の公式発表ではなく、あくまで州警察の見解です。

この発表に対して地元サセックス州の人々は「満月の夜だから狼に姿を変える狼男がうろついていたんだろ?」と真剣に受け止めておらず、ナイトクラブの警備員は「満月の夜は客の手の甲をチェックしないといけないだろう、もしかしたら狼の毛が生えているかもしれないから」と笑いながら話したそうです。

サセックス州警察、その後、満月の夜対策がどうなったのか知りたいところです。

ちなみに日本の警察による犯罪統計は日単位のデータ発表がないので満月の夜の犯罪率は分かりません。

というか、公式機関から「満月の夜」と犯罪率に関連する発表がないのです。

政府の陰謀でしょうか?

関連記事(一部広告含む):