世界各地で異なる黒猫の迷信

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

Q:黒猫が前をよぎったら不吉、これ迷信?

猫からもうひとつ、迷信の話題です。

もちろん黒猫がよぎったぐらいで不吉になることはなく、迷信ですね。

ただし、これはヨーロッパ中世の迷信であり、本来、日本では闇夜でも目がよく見えることから魔除けや商売繁盛の福を招く猫として重宝されてきました。

招き猫も三毛だけでなく黒猫がいるのはそのためです。

江戸時代には黒猫を飼うと結核が治るという迷信もあったほど福を招く存在でしたが、その黒猫が懐かず前を素通りするとは「よっぽど運が悪い」と言われ始めたことが、上記のような迷信につながったと思われます。

スポンサーリンク

また黒猫を飼ったのに結核が治らなかった新選組の沖田総司が晩年、黒猫に八つ当たりして黒猫を切ろうとしてエピソードも迷信を流布させる要因のひとつですね。

ヨーロッパでもアイルランドやスコットランドでは黒猫が前を過ぎることで不吉になるという迷信はなく、むしろ「自宅の玄関先に見知らぬ黒猫がいたら繁栄がもたされる」とか「黒猫が道を渡ったり自宅に入ってきたら大変縁起が良い」など、日本と同じ福をもたらす存在となっています。

これがドイツやイタリアになると事情が変わり、さらに中世のキリスト教によって黒猫の迷信は社会に大きな影響を及ぼすことになります。

関連記事(一部広告含む):