成功方程式のなかの経験値

『成功』への方程式を自分で作ることはできましたか?

少し語句を具体的にすると分かりやすくなりますね。

『成功』は結果、『夢・願望』は目標と置き換えてください。

『実現・達成』はそのまま使えますね。

あと、足りないのは計画と経験値ですから、これらを組み合わせることで方程式が完成します。

成功という結果を実現・達成させるためには目標を明確にし、計画を立てて経験値を積み重ね、計画に沿った行動を取ることが必要、となるわけです。

スポンサーリンク

じつに簡単で事務的で、ロマンのない話ですね。

でも『成功』の金科玉条は結局のところ、こういうことなのです。

本田祐介選手は365日のうち、366日、サッカーボールを蹴っていました。

イチロー選手は1日24時間のうち、25時間バットを振っていました。

アインシュタインは寝ている間も重力による空間の歪みと光の進行方向を考えていたのです。

『成功』という結果を導く方程式のなかの経験値がこの部分に当てはまりますが、じつはこの経験値こそ、自己啓発における『無意識』=潜在意識に置き換えることができる語句なのです。

目標に対する経験値の量が多いほど、そしてその量を状況に応じて的確に抽出できる人ほど、潜在意識を活用できる人、と言うことができるのです。

関連記事(一部広告含む):