結婚式の騒音?がジンクス

日本でも、たまに見られることがありますが、結婚式から新婚旅行に向うカップルの車に、缶や音のなるものをたくさん引きずっていく、という風習がありますよね。

これ、ジンクスなのですよ。

海外では、不幸をもたらす悪魔は、「騒音が嫌い」ということが言われているのです。

面白いですね。悪魔はうるさいのが苦手、ということです。

スポンサーリンク

宮崎駿監督作品の「となりのトトロ」で、まっくろくろすけがでたときに、かんたの家のおばあちゃんが、「にぎやかにしてたらすぐどっか行っちゃう」といっていました。

やはり、こういったもののけなどは、うるさい音、というのが苦手なのでしょうか。(笑)

私のおばあちゃんも、私が幼い頃、怪談を聞かされ、幽霊が出たらどうすればいいの?と聞いたところ、「大きな声で楽しい歌を歌ってやればいい」と教えてくれました。

それ以来、私は怖い・・と思うと、大きな声で歌を歌う!ことにしています。

これと同じ意味が、海外の結婚式のジンクスにありますね。

幸せ一杯のカップルに、悪魔や不幸が襲い掛からないように、缶をぶら下げて大きな音を出す。

海外でも日本でも、考え方は一緒、という気がします。

関連記事(一部広告含む):