ロト6の数字にもジンクスがある?!

ロト6も人気のある宝くじです。

ロト6とは、1~43までの数字を6つ選び、その数字が当選番号と一致している数によって1~5等までが決まるというものです。

当選人数などによっては、1等が最大で4億円にもなります。

それが人気を博している理由です。

宝くじとは違い、自分で番号を選べるのも人気の一つでしょう。

自分で数字を選ぶのですから、いろいろと考えてしまいますが、今までの当選数字を見ると、もちろんそこに法則などは見つけられません。

スポンサーリンク

しかし、何度も当たっている数字や、逆にしばらく出ていない数字もあります。

そんな数字があると、意識してしまいますよね。

数字を予想してくれるサイトや、ソフトもあります。

どの数字が当たるかというのは確率の問題です。

つまり、パソコンなどで計算すればある程度は絞られるはずです。

が、やはりそうはうまくいきません。

ソフトやサイトなどの通りに買っても、簡単に当たるものではないのです。

傾向があっても、それだけでは一等は当たりません。

ロト6で当選する人の多くは、好きな数字や直感で選んだ数字で当選しています。

普段から好きな数字、自分や家族の誕生日、その日の気になった数字、ランダムで選んだ数字。

そのように決めています。

また、いつも同じ数字を選んで買う、という人も多いようです。

家族の誕生日などで買うのであればいつも同じ数字ですし、思いも込められます。

同じ数字でも思いを込めれば強い力を持つのです。

数字の組み合わせは600万通りもあるので、毎週買っても12万年かかる計算になりますが、力のある数字を選べば、それだけ当選に近づくことができるはずです。

自分なりに数字に力を込めて、ロト6で当選を狙いましょう。

関連記事(一部広告含む):