黒猫はラッキー?アンラッキー?

『黒猫が前を横切ると災いが起きる』というのは有名なジンクスです。

中世のヨーロッパで魔女狩りなどが行われていた頃、黒猫は魔女が飼っているとか魔女の化身などと思われていました。

そのために黒猫は不吉なものとされ、そのようなジンクスが広まったようです。

しかし、黒猫は本当に不幸を呼ぶのでしょうか?

黒猫にまつわるジンクスは、他にも多くあります。

スポンサーリンク

・自宅の玄関先に見知らぬ黒猫がいたら、繁栄を呼ぶ。

・黒猫が住みつくと、幸運がやってくる。

・黒猫が道を渡ったり、自宅に入ってきたりしたら、縁起が良い。

・黒猫の胸には白い毛が一本あるものだが、その毛を猫に引っ掻かれずに抜くことができれば、その白い毛は富と愛をもたらす。

・黒猫は『魔法の猫』であり、餌を与え、敬意をもって接する飼い主に幸運をもたらしてくれる。

・結婚祝いに黒猫を送ると、新婦に幸せが訪れる。

このように、黒猫が幸せを呼ぶとされるジンクスも多くあります。

黒猫はその見た目から神秘的に思われているのでしょう。

だから他の猫とは一線を画していて、多くのジンクスが生まれたのです。

黒猫を見かけたら縁起が悪いとは思わず、ラッキーと思いましょう。

そう思えば、きっと黒猫が幸せをもたらしてくれるはずです。

ただし、白い毛を引っ掻かれずに抜くのは難しいでしょうし、少し可哀相な気もしますよね。

関連記事(一部広告含む):