くしゃみのジンクスは奥が深い?

『一そしり二笑い三惚れ四風邪』

ということわざがあります。

これはくしゃみの回数のことを表したジンクスです。

一回のくしゃみなら悪い噂をされている。

二回のくしゃみなら物笑いの種にされている。

三回のくしゃみなら誰かに惚れられている。

スポンサーリンク

四回のくしゃみはただの風邪。

そんな意味のことわざです。

他にも『一にほめられ二に憎まれ三に惚れられ四に風邪をひく』という言葉もあり、この場合は一回のくしゃみは良いものとされています。

ただ、どちらにしても三回のくしゃみは『惚れられている』と少し良いものなので、一回や二回出てしまったら、わざと三回までする人も少なくありません。

また、くしゃみはする曜日によってもいろいろと言われます。

月曜日のくしゃみは、何か悪いことが起こる。

火曜日のくしゃみは、知らない人とキスをする。

水曜日のくしゃみは、良い手紙が来る。

木曜日のくしゃみは、良いことが起こる。

金曜日のくしゃみは、悪いことが起こる。

土曜日のくしゃみは、翌日に恋人と会って何かが起こる。

日曜日のくしゃみは、特に何もなし。

このように、曜日ごとにその意味も変わってくるのです。

月曜日と金曜日を避けて水・木曜あたりに、三回のくしゃみ、というのがベストかもしれません。

ただ、なかなかくしゃみも自分でコントロールできないものですが。

花粉症の季節などは、そんな余裕はありませんよね。

関連記事(一部広告含む):