プラス思考を通り越して、楽観主義

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

人は放っておくと悪いことを考えてしまいがちです。

しかし、宝くじを買うときに『きっとはずれるだろうなぁ』なんて考えながら買いません。

『一等が当たったら何に使おう?』と考えている人の方が圧倒的に多いでしょう。

億なんて単位のお金、どうしよう?と。

捕らぬ狸の皮算用ですが。

その点ではプラス思考だと言えるかもしれません。

スポンサーリンク

また、町を歩いていて常に『交通事故で死ぬのではないか?』と考えている人はどれぐらいいるでしょう?

交通量やその道の危険度に応じて考える人はいるでしょうが、怯えるほどは考えないでしょう。

一枚の宝くじが当たる確率は1000万分の1です。

一年以内に交通事故で死亡する確率は2万6000分の1です。

つまり、交通事故で死亡する方が圧倒的に確率が高いのです。

400枚の宝くじを買って、やっと同じぐらいの確率です。

これをどう見ますか?

都合の良いことは当たるかもしれない。

都合の悪いことは当たらないだろう。

そう考えているのでしょう。

そういうのは、プラス思考を通り越して、楽観主義と言います。

それでも、実際に交通事故で亡くなる人もいれば、宝くじで当たる人もいます。

まだ見ぬ不幸を想像し過ぎるのは良いことではありません。

交通事故で亡くなる可能性は低いのですから。

ただ、それよりも宝くじで一等を当てる確率の方が低いのです。

やはりなかなか当たらないものなのですね。

それでも夢を見て買ってしまいますが。

楽観主義と言われても。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク