猫の病気は辛いもの

愛しい猫ちゃんの病気は、飼っている家族にとっても辛いものですが、病んでしまった猫にとっても、辛くどうにもならないものです。

命を預かっている、という飼い主にとって、ペットの命を守る手段を考えることは、必要です。

でも、守りきれないものもあります。

外からもらうウイルス。

猫同士でもらってしまう病気。

もともと持っている病気。

スポンサーリンク

いつの間にか、体の内部で発生してしまった病気。

こうした病気には、起こってから、その病気に対してどう対応するか、ということが重要になるのです。

そして何よりも、飼い主がペットの病気に理解を深め、知識を持っていることが必要です。

病気だけではなく、必要な予防接種、栄養、運動なども、本来は知っておくべきことなのです。

ここ最近は、猫エイズという病気の知名度が高くなっていますが、猫にとって天敵となる病気は他にもあります。

猫白血病もその一つです。

世界中の猫に感染が認められる猫白血病は、血液検査によって、ウイルスを保有しているかどうか判断がつきます。

可愛い猫が、手遅れにならないように、また病気にかからないように、守ってあげることができるのは、飼い主だけです。

今回は、猫白血病について、理解を深めていきましょう。

関連記事(一部広告含む):