猫白血病の予防接種と副作用

以前は、猫白血病という病気も、猫エイズという病気も、あまり世間で聞くことはなかったと思います。

猫を飼い始めたばかり、という方や、猫を飼ったことがないという方は、この病気の名前を知らずにいるかもしれません。

世界的に流行している、これらの病気に対応していくために、予防接種というものがあります。

人間の予防接種もいろいろありますね。

インフルエンザ、おたふくかぜ、はしか、水疱瘡、風疹・・赤ちゃんのころに受けるものもあれば、流行しているときに受けるものもあります。

スポンサーリンク

人間も抵抗することができない病気にかからないように、またひどくならないように予防接種を受けるのです。

猫ちゃんも家族の一員、しっかり予防接種することで守る命もあるのです。

ただ、問題になるのが、副作用です。

人間の予防接種にも、副作用がありますが、猫の予防接種にも副作用があります。

猫白血病の場合、1000~10000頭に1頭という割合で起こるものです。

ワクチン誘発性腫瘍、という副作用です。

現在、腫瘍を誘発しないワクチンを研究中、ということです。

早くいいワクチンができるといいですね。

関連記事(一部広告含む):