夢日記をつけてみよう

日々の夢を覚えていますか?

起きたら既に夢を見たことさえも忘れている場合もあります。

また、目が覚めたときは覚えていた夢も、数分で忘れてしまうこともあるでしょう。

起きた瞬間は覚えていても、その記憶は長くは続きません。

体験した記憶は体を通して脳に強く刻まれますが、夢は脳の中で起きただけのものです。

体験したものではないので、強く記憶として残らないのです。

そのため、すぐに忘れてしまいます。

とても怖かったり楽しかったりすれば、その感情と結びついてある程度は覚えていたりもしますが、夢はそれだけではありません。

スポンサーリンク

何気ない出来事の夢や、感情の動かない夢だと覚える間もなく忘れてしまうでしょう。

『夢を見ない』という人は、見ないのではなく、覚えていないだけなのです。

それなら忘れないように、夢日記をつけてみましょう。

寝るときに、枕元にペンとノートを置いて寝ます。

そして起きたときに覚えていた夢を、すぐにノートに書くようにします。

最初は慣れないかもしれませんが、繰り返し行えば、ほぼ毎日、夢日記を書けるようになるでしょう。

夢日記があれば、その夢を占うことができます。

また、夢と言うのは不条理な面もあるので、後で見直すと面白いものです。

是非、夢日記をつけてみましょう。

関連記事(一部広告含む):