猫の教え!そっと目を閉じてみよう

猫はときどき、目を閉じてじっとする時があるけど、あれは寝ているんじゃなくて僕たちなりに瞑想してるんだ。

ニャンコには、ニャンコ的哲学があって、いろいろ考えている。

お気楽・能天気に生きているだけじゃないんだ。

気持ちを落ち着けて、広い世界のことに思いをはせる時間があると、毎日をもっと良く生きたいと思うようになる。

お日さまとか、獲物とか、飼い主さんとか、いろいろなものに囲まれているありがたさを感じるんだよ。

スポンサーリンク

そういう時間はきっと、誰にでも必要なものだと思う。

忙しい人間さんも、やってみればいいのにって思ってる。

だから飼い主さんが忙しそうにしていると、「落ち着こうよ」って伝えるためにジャマをしてあげるんだよ。

どう?親切でしょ?(え、迷惑だって?)

猫の哲学でもう一つ有名なのが、最期を迎えた猫が姿を消すこと。

弱っているところは他人や他猫には見せないで、さりげなく消えていくのが美しいと猫哲学では言われているんだ。

人間さんのサムライ道にちょっと似てるかな?

猫なりに考えて、哲学をもって生きることで、芯の通った生き方ができるんだ。

誰かのいうことに惑わされたりしないで、自分が決めたように生きられるようになる。

猫はワガママだって言われることがあるけど、そうじゃないんだよ。

関連記事(一部広告含む):