猫の教え!自然がくれるものを感じよう

自然の中で過ごすのは楽しいよね。

太陽の光は、暖かいお昼寝の場所をくれるし、そよ風は気持ちよくおヒゲをなでてくれる。

草むらは柔らかいベッドだし、木に登って遊ぶのも楽しい。

自然の中で遊んでいると、僕も自然の一部なんだって思う。

人間の飼い主さんと生活していると、便利なものがいっぱいあるね。

スポンサーリンク

いろんな機械やコンピューターを作ってしまう人間さんはスゴイと思うよ。

でも、自然がくれるものはそれに負けないくらい大きいんだ。

のんびり、心地よく過ごすニャンコ流生活をしていると、そのことがよく分かるよ。

自然がくれるものを感じ取るには、まずは外に出てみること。

そして、空気を感じてみよう。

季節が変わると、空気も変わっていくんだよ。

ふわっとした、草むらに似た匂いがするのは春。

夏になると、太陽がまっすぐ届いた力強い匂いに変わる。

秋は空気の音が聞こえてきそうな感じがするし、冬の冷たい空気はピーンと張りつめていて、固い感じがするよね。

お天気によっても、空気の匂いは違うって知ってた?

雨が降る前は、少しほこりっぽいような、湿った匂いがしてくるんだ。

それにピリッとした感じが加わっているときは雪。

僕たち猫は、そうやってお天気を感じ取っている。

自然を感じて生きていると、いろんなことが分かるようになるんだよ。

関連記事(一部広告含む):