占いとの付き合い方

現実を見ると、同じ水瓶座でも、全く違う性格の人がいます。

それに、生きてきた過程によって、その人の性格も変わっていくでしょう。

星座占いや他の占いで、人生が確実に決まってしまうということではありません。

あくまでも占いです。

こうなりやすい、こういう気質持っている、という気持ちで、占いを知っていく必要があります。

若い時には、占いの結果が悪いとかなり落ち込んだりもして、好きな人の星座と自分の星座の相性が悪い・・といっては、これはもう無理?なんて思ったり、今考えると、笑ってしまいますが、あの時は真剣でした。

スポンサーリンク

でも今は、占いをうまく活用している自分がいます。

例えば私の場合、水瓶座の運勢が悪い時には、血液型占いを見たり、星座占いでラッキーと出た場合には、他の占いは信じない、という感じで、ポジティブ思考で使っています。

占いって、そういうもんだと思っているからです。

ただ、占いを全く信用しないということはありません。

以前、占ってもらった西洋占星術の先生に、「あなた、お堅い人が嫌いだけれど、結婚するのはお堅い射手座の人ねっ」って言われたんです。

のちに知りあい、こんな人と誰が結婚するもんか!って思っていた射手座の相手が、今の主人です(笑)。

占いって、当たるんだ・・と、心底思ったものです。

占いだけ・・という生活は、現実的にできそうもないのですが、占いをうまくポジティブに使って、自分の生活をより楽しくできればいいな?と思っています。

関連記事(一部広告含む):