星座占いとは?

雑誌でも、テレビの占いコーナーでも一番メジャーな占いというと、やはり星座占い、星占いになりますね。

女の子なら、小学校くらいになると、自分の星座占いが気になるものだし、好きな人ができれば、その人の星座と、自分の星座の相性がどうなんだろう?と考えるようになります。

占い、というのは、女の子が夢中になるものですが、星座占いの場合、女の子だけじゃなく、男の子も結構深く知っている占いでしょう。

星座占いというのは、自分の生まれた日に太陽が12宮のどの宮にあったか?ということで運勢が決まり、それに合わせて占っていく占いです。

誕生日がいつなのか?ということで、占うことができるということになります。

スポンサーリンク

誕生日が分かれば、面倒なく占うことができるということが、これだけ世間に大きく広まった要因でしょうね。

星座は牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座、乙女座、天秤座、蠍座、射手座、山羊座、水瓶座、魚座と12あります。

へびつかい座が入った13宮の占いもありますが、世間一般に知られている星座占いというと、やはり12宮の占いになるでしょう。

星座占いをするプロの中には、誕生したときに月がどの12宮にあったのか、ということを占う月星座占いで星座占いをする方もいるようです。

関連記事(一部広告含む):