五芒星の時計回りは順に生み出していく関係

 にほんブログ村 小遣いブログ 宝くじへ

幼児が一筆書きで最初に覚えるのが五芒星(英語ではペンタグラム)であるのも興味深い点ですね。

この五芒星、時計回りに隣り合っている同士が陽の相生(そうせい)、直線で結ばれている同士が陰の相剋(そうこく)となります。

相生とは時計回りの順でお互いを生み出していく関係です。

1.頂点にある木は火によって燃えることを木生火(もくしょうか)という。

2.物が燃えれば灰になり、灰が土に還ることを火生土(かしょうど)という。

スポンサーリンク

3.金属は土の中にあり、土を掘ることでそれらが得られることを土生金(どしょうきん)という。

4.金属の表面に凍結から水が生まれることを金生水(ごんしょうすい)という。

5.木が水によって養われることを水生木(すいしょうもく)という。

つまり、これらが循環している限り、森羅万象は問題なく継続していくことになりますが、世の中、必ずしも穏やかな干渉ばかりではありません。

むしろ干渉することで相手を滅ぼすこともあります。

それが直線で結ばれる相剋で、陽の相生とは反する関係になります。

相剋は本来、相勝と表記されていましたが、音が重なってしまうことから当初は克(戦いに勝つの意味)が使われていました。

剋が使われるようになったのは、意味を強調するために刃を加えたことに因ります。

関連記事(一部広告含む):