風水羅盤はどうやって使うの?

本格的な風水、とくに理気派は「風水地理五訣」だけで物事を占うだけでなく、これに陰陽五行説や六大課、八卦をかけ合わせた64卦といった占術に奇門遁甲などの分類学が加わって複雑化するので、頭の中の知識だけではとても結論を見出すことができません。

そこで使用されるのが風水羅盤です。

中央に方位を示す磁石があり、の周囲を何層もの要素が取り囲んでおり、とても複雑です。

日本の陰陽師も似たような式盤を使いますが、こちらはもっとカンタンに作られていますね。

スポンサーリンク

この使い方、細かく説明すると例によってこのコラムが終わってしまうので割愛、ただし本格的な風水師になるほど羅盤の使い方が正確になり、不確かな風水師では間違った結論を導く可能性が大きくなるので羅盤を使う風水師はよく見極めることが大切です。

手軽に羅盤のことを知りたい場合はスマホのアプリを使ってみるといいでしょう。

最近の占術は複雑な計算をコンピューターに任せることができるようになったことから、簡易型の占術アイテムがたくさん出ており、案の定、風水羅盤もiOS用、android用の両方に用意されています。

ただし使い方までは詳しく載っていないので、どのようなものか確かめる程度で終わらせてください。

にわか知識は何事もケガの元です。

関連記事(一部広告含む):