和太鼓をかっこよく叩く!和太鼓入門

『少年八木節』という曲があります。

盆踊りの中では有名な曲ですが、この曲は太鼓が変わっています。

通常の四拍子の『どどんがどん』はあまり使用しない曲なのです。

拍子としては四拍子なのですが、歌の部分は基本的に木の胴の部分を叩きます。

そしてたまに『どどん』と皮の部分を叩くのです。

『タッタカタッタタッタカタッタどどん』といった感じです。

スポンサーリンク

そして歌の部分が終わると演奏のみになり、そこは通常の四拍子の太鼓になり、盛り上がります。

つまりサビの部分は歌がなく、そこに向けて歌が静かにある、という曲なのです。

この曲は異質で、それを知らなければ叩けないでしょう。

四拍子なので、関係なく『どどんがどん』だけで叩くこともできます。

しかし、一度ちゃんとした八木節を聞いてしまうと、それでは物足りなく感じるでしょう。

盆踊りを踊っている人からも『チッ』と舌打ちをされてしまうかもしれません。

この曲も覚えてしまえば難しくはありません。

ただ、『どどん』と叩くタイミングがずれる箇所があったりするので、そこに気をつけましょう。

そしてサビの入りのタイミングにも。

それさえ気をつければ、叩いていても楽しい曲です。

八木節を好んで叩く人は多くいるのです。

関連記事(一部広告含む):