パワースポットで正しく過ごせばパワー100倍

最近ではパワースポット巡りを打ち出しているツアーやバスハイクはとても人気なので、パワースポットとはどんなところかご存知な方も多いかもしれませんね。

しかし、ツアーやバスハイクで「ここは恋愛成就で有名な神社です。」「この場所で○○すると金運アップできます。」などの情報を教えてくれますが、正しいパワースポットの巡り方まで説明してくれるガイドさんはいません。

しかし、日本人であれば正しくパワースポットを巡ることができるのは当たり前なのですが、最近ではそういった礼儀をご存知ない方を多く見受けられます。

金運アップをしたい方は「自分だけ良ければ良い!」という考えでは、金運は逃げてしまいます。

正しいパワースポットでの過ごし方を身につけて、身体全身にパワーをいただきましょう。

スポンサーリンク

◆神社の参拝方法を軽んじてはいけません

インターネットなどでパワースポットでの過ごし方をブログや記事として書いておられる方を良くみかけますが、ほとんど方が「神社での参拝方法を完璧にマスターするより、感謝や真心が伝われば開運できます。」などと書いておられます。

しかし、自分は金運アップをしたいとお願いに来ているのに、その態度は非常識です。

どこに行っても最低限のマナーというものがあり、そのマナーを守ってこそ神様の前に来る資格があるといっても過言ではありません。

「参拝方法は完璧にする必要はない。」と言っている自体、自分の部屋に土足で入られるのと同じ感覚なのです。

参拝方法は決して難しいものではなく、人間として神への崇敬を表す最低限度の態度なのです。

参拝方法が分からない方は近くの神社の神官に訪ねてみるのも良いかもしれませんね。

◆お願いごとではなく神様と「誓約」をしよう

神社仏閣に行くと、お願い事をしている方が多いのではないでしょうか?

しかし、神様に「宝くじが当たりますように」と願ったところで、その願いは神様には届かないでしょう。

パワースポットに訪れたら、まず感謝の気持ちをお伝えし、自分の至らなかった部分を反省し、「私は○○する!」という宣誓を行いましょう。

そうすることで神様は、あなたが運を受けるべき器を持っているかを判断し運をアップしてくださいますよ。

宣誓が終ったあとは、時間を許す限り心が浄化される瞬間を味わいましょう。

どこかにゆっくり腰掛けて、今の自分を見直し、これからの自分を想像してみるのもいいかもしれませんね。

関連記事(一部広告含む):