ヨーロッパに伝わる、おまじない

ヨーロッパにも、言い伝えやおまじないがたくさんありますが、その中でも、ストーカーとか痴漢に悩まされている、という方に伝えたいおまじないがあります。

コルヌというおまじないは、古くからヨーロッパに伝わるおまじないです。

まず、握りこぶしを作ります。

人差し指、小指を伸ばして牛の角を指で表します。

牛は、この角で敵をやっつけますね。

このおまじないは、いやなものから身を守る、という形のおまじないになります。

スポンサーリンク

不安だったり、怖いことがあったりしたら、このポーズを自分に向けます。

自分を力づけるという感じでしょうか。

そして、痴漢やストーカー、嫌いな人につきまとわれている、という場合には、見えないようにこのポーズを作り、こっそり「消えて!」と念じます。

あまりにもしつこい、また嫌いすぎる!という相手には、見えるようにやった方が、効果的なんだそうですよ。

病気を治す、という力も生まれるというこのコルヌ。

自分を力づけるというおまじないは、いろいろな場面で役立ちそうですね。

いやな相手を撃退できるコルヌのおまじない。

ぜひ、やってみてくださいね。

関連記事(一部広告含む):