孫子の兵法とバレンタインデー

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

バレンタインデーの告白を成就させるための下地作りに必要なのは戦術です。

ニッコロ・マキャヴェリが16世紀に書いた「戦術論」が後世の軍事学に大きな影響を及ぼしたように、スティーブ・ジョブズがプレゼンの最後に「そうそう、忘れていました、これがアップルの最新作です」とポケットからiPhoneを取り出したように、戦術はいかなる状況下でも必要であり、恋愛も例外ではないのです。

戦術に関して、参考とするのは中国春秋時代の兵法書。

ご存じ、軍事思想家の孫武が書いた「孫子」ですね。

孫子の戦術が恋愛に向いているのは「戦わずして勝つ」という思想、戦闘を行うには短期決戦を主義としている点です。

スポンサーリンク

もちろん「戦わずして勝つ」ことや短期決戦で勝利を収めるためには下地作りが必要ですが、その下地作りの初期戦術として有名な言葉があります。

「彼を知り己を知れば百戦して危うからず」。

そういえば日本の戦国時代、天下統一を果たした豊臣秀吉も「戦わずして勝つ」戦術の名人でした。

北条氏を降伏させた小田原攻めなどはその典型、また織田信長が一躍有名になった桶狭間の戦いは短期決戦であったことが勝利の鍵でした。

バレンタインデーまでの短期決戦、戦術の第一段階は彼を知る情報戦から始めることにしましょう。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク