筋肉を鍛えると男性ホルモンが増幅する

※女性の方はコチラ ⇒ モテる秘訣!モテる女の恋愛十か条

モテるための十か条のうちの第二条、身体を鍛えろ!ということがなぜモテることにつながるのか、ここで説明しましょう。

前項では筋肉をつけろ、と条件を出しました。

筋肉がいかにして作られていくか、という過程を解説すると理解力が深まると思います。

筋肉には遅筋と速筋がありますが、どちらも筋繊維が固まって形成されています。

スポンサーリンク

この筋繊維に負荷をかけると筋繊維のうちの何本(何十本でもいいのですが)が切れます。

負荷は運動、切断は筋肉痛ですね。

切断された筋繊維は自己治癒力によって修復されますが、切断されるということは機能が負荷についていけないので、負荷に耐えるためにより太い筋繊維にしようと身体が働きます。

結果、筋肉が増強されていくわけですが、この筋繊維を修復するために必要とされる栄養素がタンパク質と男性ホルモンのエストロゲンなのです。

女性が男性のように筋肉がつかないのは男性ホルモン、エストロゲンが男性よりも少ないからですが、筋肉をつけようと負荷をかけるほど、男性ホルモンは活発に生成されます。

エストロゲンが大量に分泌されるようになると、自然と男性的フェロモンも増幅されるので女性からモテるようになる、というわけです。

次項では、効率的に男性ホルモンを分泌させるトレーニング方法を説明しましょう。

こんな記事も読まれています: