フラれたらHLAが似通っていたと考えるべし

「なぜだ?金も地位もあるし、俺は女にもモテるのに、なぜ俺と別れるって言うんだ、香織!」

「ごめんなさい!そう…貴方は今でも、いい人だと思うけれど、私、一緒になれない!さようなら!」

「待ってくれ!俺を捨てないでくれ!どうしてなんだあ、かおりー!(いや、名前は小百合でも由香里でもなんでもいいんですが)」

こんな会話を最後にフラれた男も大勢いるでしょう。

でも、これまでの記事を読めば、その謎が解けましたね。

スポンサーリンク

そう、つまりフラれた男と香織さん(まあ、トメ子さんでもウメさんでもいいんですけれど)の免疫反応システム、HLAが似通っていたために同じ染色体上にあるフェロモン生成遺伝子によって作り出される汗が、香織さんにとって不快な『匂い』と感じてしまったからですね。

だからホントは、

「貴方の匂いが生理的に嫌いなの!」

と香織さんは言いたかったのだけれど、そこは恋愛序曲だけに思い留まった香織さんに感謝すべきでしょう。

こんな言葉でハートを直撃されたら、それこそ次の恋愛に進むどころか恋愛恐怖症になりかねません。

逆に、フラれた理由がHLAの類似性だったとしたら『なあんだ、それならしょうがないじゃん!』と納得もできるでしょう?

もちろん、これは女性視点からも言えます。

訳も分からずフラれた時は、すべてHLAのせいにして次のHLOA適合者を探すようにしましょうね。

こんな記事も読まれています: