最終的な相性は遺伝子レベル?

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

若い男女が異性からモテたい、というのは当たり前の感情であります。

しかし、だからといってモテるために男性ファッション誌を見てチョイ悪ぶってみたり、女性ライフスタイル誌で一生懸命、ツンデレを研究してみたり、というのは、かなり遠回りな手段でしかありません。

まして「ネットのモテ男・モテ女の条件!」なんて薄っぺらな記事を読んで実践しようなんてのは愚の骨頂です。

なぜなら、記事を書いている人がモテていないからですね。

いや、ホントの話、モテている男女であれば、そんな記事を書いたりして自分自慢みたいなことしませんって。

スポンサーリンク

だって、そんなモテ男・モテ女の条件を箇条書きにしたところで、上っ面しか変えることできないでしょう?

モテる男、モテる女は本質的に異性と同性から好意を持たれるものであって、上っ面だけの所作や造形ではないのであります。

しかも、その本質は変えることはできても一朝一夕で簡単にできるものではありません。

なぜなら、それは男と女の本能と遺伝子に対する同調、シンクロニシティが必要だからです。

つまり異性にモテようと思ったら、異性の遺伝子を震わせるようなハーモニーを奏でなければならないのであります。

では、いかにして異性の遺伝子と自分の遺伝子を同調させることができるか、それをセイブツ学見地から考えていきましょう。

関連記事(一部広告含む):